×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   
風船爆弾放流地跡  ふうせんばくだんほうりゅうちあと  2013/11/22 茨城県北茨城市大津町長浜

風船爆弾放流地跡 わすれじ 平和の碑

新しい誓い 海のかなた 大空のかなたへ 消えて行った 青い気球よ あれは幻か 今はもう 呪いと殺意の 武器はいらない 青い気球よさようなら さようなら戦争・・・・北茨城市平潟町出身 作家 鈴木俊平さんの詩

この地から1944年11月から1945年4月の間、アメリカ本土に向けて風船爆弾を放流させた。背後の低い丘と丘にはさまれ、田んぼになっているいくつかの沢に、放流台や兵舎、倉庫、水素タンクなどがあった。放流地は、ほかに福島県勿来関麓と千葉県一の宮海岸。大本営直属の部隊本部は平潟にあった。晩秋から冬、太平洋の上空8,000mから12,000mに、偏西風が吹く。風船爆弾は50時間前後でアメリカに着く。電気装置と爆弾と焼夷弾を投下したのち、和紙とコンニャクのりで作った直径10mの気球部は自動的に燃焼する仕掛けだった。第2次大戦中に日本から10,000kmのアメリカへ、超長距離爆弾を実行。世界史的にも珍しい事実として記録される。約9,000個放流し、約300個到達。アメリカの被害は、山火事、送電線を故障させ原子爆弾製造を3日間遅らせた。オレゴン州には風船爆弾による6人の死亡者の碑がある。ワシントンの博物館には不発で落下した風船の1個が展示されている。戦争はむなしく、はかない。もう二度と繰り返さない。この地で爆発事故のため、風船爆弾攻撃の日に、3人が死亡している。永遠の歴史の片隅で人目を忍び、いぶし銀のようにささやかに光る夢の跡。